sencha_okumidori_musehi_2022
sencha_okumidori_musehi_2022
sencha_okumidori_musehi_2022
sencha_okumidori_musehi_2022
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, sencha_okumidori_musehi_2022
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, sencha_okumidori_musehi_2022
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, sencha_okumidori_musehi_2022
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, sencha_okumidori_musehi_2022

sencha_okumidori_musehi_2022

販売元
50g
通常価格
¥1,800
販売価格
¥1,800
通常価格
¥1,800
SOLD OUT
単価
あたり 
税込み
税込み

「やぶきた」種と静岡在来16号の交配から生まれた煎茶用品種。やぶきた種の良さを引き継ぎ、美しい緑色が特徴ですが、やぶきた種に比べると、茶味はおだやかで、食事を引き立てます。施肥をせず、品種本来の旨味、甘味を大事に仕立てました。くどさのない上品な茶味が際立ちます。たとえば魚貝のパエリアと一緒に合わせてみて。

茶 種:煎茶(無施肥)
品 種:おくみどり
産 地:京都府和束地区
収穫期:2022年5月
内容量:50g
SKU : TS0922Mwh

*パッケージは参考です。

ショッピング・ガイド

淹れ方のコツ

分量:8g

湯量:60ml

湯温:37℃

時間:100秒


① 温めた急須に茶葉を8gほど入れ、蓋をして蒸らす。

② 沸騰したお湯を37度まで冷ましたら、急須に60mlほど注ぐ。(茶葉が完全に被るくらい)

③ 100秒ほど置いて、茶葉が湯に沈み、表面に泡が浮いてきたらお茶を淹れる。

-
茶の旨味が凝縮している最後の1滴まで残らず注ぎ切るのがコツです。2煎目からは少しずつお湯の温度を上げて、抽出時間を短くします。湯量を増やしながら最後の煎までどうぞ。

プロファイル

茶葉  

色沢〈千歳緑〉

形状〈剣先〉

香気〈畑の中を通りぬけて、濡れた青笹、トマト〉

風味〈バターナッツ、カボチャ、焼き海苔、おこげ〉


茶味  

水色〈苅安色〉

水香〈ほくほくと温かな、かぼちゃ、トマト〉

葉香〈じゃがいも、蒸した百合根、ふろふき大根〉

甘味〈洋梨、柿、黄桃、清々しい〉

渋味〈おだやか、どこかに山椒〉

旨味〈松の実、昆布、完熟のトマト、海苔〉

苦味〈やわらかな草、土の余韻、レタス〉

酸味〈乳酸発酵に似る〉


ペアリング  

時間〈午前9時13分〉

食事〈魚貝のパエリア〉