ABOUT

カマキリや蜘蛛が巣をつくる畑に、深く根を張った茶の樹は
私たちが考えるよりはるかに強い生命力をみなぎらせる。

冬夏のお茶は、すべて農薬と化学肥料を使わず
自然の摂理に沿って育てられている。

お茶を喫むことは、農家との対話から始まる。
風土、品種、茶樹の歴史、栽培方法、畑、収穫年
お茶の個性に限りはなく。

それぞれの茶味をいかす最適な煎れ方を探り当てながら
ふかい深呼吸のようにお茶を淹れる。

冬夏は新しいビジョンを形にする日本茶のラボラトリー。

お茶を通じて、自然と、人と、実りの関係を
私たちは自らの姿勢のなかで問い続ける。

入り口に松の老木が立っている。
冬夏青青

tearoom toka
nichinichi