TOKA

一杯のお茶が世界を変える。

冬夏について

京都の御所東にある築100年余年の日本家屋、
わずか6席のティールームから始まった「冬夏」。

あらゆるボーダーラインを超えて、お茶が人と人をつなぎ、
たくさんの喜びとインスピレーションを生み出す瞬間に立ち会ってきました。

私たちは、オーガニックの日本茶を通じて、
自然資本への意識を高く掲げ、都市と里山をつなぎ、
共生するフードビジネスを目指しています。

冬夏のお茶

畑ごとの味の違い、製法や施肥の有無から生まれる味の違いを淹れ分けることによって、
日本茶はワインのように、生き生きとその個性を語りはじめます。

収穫した生葉をそのまま加熱して作るお茶作りには、
洗浄という行程がありません。

私たちは茶園と自然の環境、栽培条件を、
丸ごと水に溶かして飲んでいることになります。

冬夏が無農薬無化学肥料のお茶にこだわるのは、
私たち人間もまた自然の一部、という気づきに基づくものです。

手間ひまをかけたお茶作りに挑む茶農家たちが育む日本茶を、
冬夏からお届けいたします。

冬夏のミッション

・日本茶を取り巻く自然資本、文化、経済活動を知る
・農薬を使わない、化学肥料を使わない農業を応援する
・日本茶への関心を広げる

喫茶はお互いの違いを受け入れながら、理解しあう文化の掛け橋となり、
人と人をつなぐ素晴らしい社会的コミュニケーションを育んできました。

そこにはお茶を飲むための設えや道具、空間への探究美があり、手間ひまをかけて耕された茶畑と茶樹は、
紀元前から続く農耕の叡智が結集する地域のランドスケープでもあります。

日本茶を新しい場所へ。

私たちは3つのミッションを掲げて、日本茶ファンを増やし、
健やかな未来へリレーしていくことを目指します。