コレクション: ごこう

「後光」から名付けられたというこの品種は、京都の宇治で生まれた玉露品種です。在来種から選抜され、1954年から栽培されています。花の蜜を思わせるような芳香、森の風が吹くような揮発性の香気、木の実のような重厚感が重なります。抹茶や玉露用として、被覆して栽培するのが宇治品種の特徴ですが、冬夏では、品種由来の個性を味わっていただけるよう、敢えて被覆しない煎茶も農家さんに仕立てて頂いています。
  • sencha_gokou_2022
    販売元
    50g
    通常価格
    ¥1,800
    販売価格
    ¥1,800
    通常価格
    ¥1,800
    単価
    あたり 
    SOLD OUT