コレクション: 在来

種から育った実生の茶樹で、20世紀の終わりには、茶の全栽培面積の約1割にまで減少しています。品種改良されていないことから、古来の茶味を味わうことができます。日本で茶の品種改良が始まったのは1955年ごろとされており、それまでは何世代にも亘って自生種、渡来種を育んできました。収穫量もまちまちで手が掛かりますが、株ごとに芽の色や個性が異なるのが在来の魅力です。
  • kamairi_zairai_2020
    販売元
    50g
    通常価格
    ¥1,300
    販売価格
    ¥1,300
    通常価格
    ¥1,300
    単価
    あたり 
    SOLD OUT
  • kamairi_zairai_2019
    販売元
    50g
    通常価格
    ¥1,400
    販売価格
    ¥1,400
    通常価格
    ¥1,400
    単価
    あたり 
    SOLD OUT